必要な歯ぎしりもある? 逆流性食道炎と歯ぎしりの関係について

   

こんにちは。甲府市の、降矢歯科クリニック歯科・矯正です。

本日は、最近になってその関係性が明らかになってきた「歯ぎしり」と「 逆流性食道炎」との関係性についてご紹介したいと思います。


逆流性食道炎って何?

逆流性食道炎とは、 胃酸や十二指腸液、 消化中の食物などが食道に逆流することによって炎症がおき、胸やけやゲップ、胸の痛みといった症状を引き起こす病気です。

食べ過ぎたり飲みすぎたりした翌日に、「胸焼けする」「 喉の奥に酸っぱいものがこみ上げてくる」といった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

これは胃の中の食べ物が消化しきれずに胃液が食道に逆流して起こる症状。一時的なものであればよいのですが、症状が続く場合は逆流性食道炎であることが疑われます。

胃液は強い酸性のため、食道に逆流すると、食道の粘膜を刺激して食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりします。 また、放置すると食道がんに発展するリスクも高まりますので、早めの治療が必要です。


逆流性食道炎と歯の関係

逆流性食道炎は、胃液などによって食道が傷つけられてしまう病気。一見、歯には特に関係なさそうな病気ですが、実は深い関係性があります。

それは、酸性度の強い胃液が口まで逆流することで、お口の中が酸性になり「酸蝕歯(さんしょくし)」という疾患を招く原因になってしまうからです。

酸蝕歯は、近年問題になっている疾患で、酸性の飲食物などで歯が溶けてしまう症状のこと。かんきつ類やワイン、炭酸飲料などといった酸性の強い食品を日常的に摂取することで徐々に歯が溶かされて行ってしまうのです。

通常なら、時間が経てば唾液の作用で口の中は中性に戻り、歯の修復作用である「再石灰化」により、溶けた部分が修復されるのですが、口内が酸性の時間が長かったり唾液の働きが弱かったりすると修復が追いつかず、酸蝕歯になってしまいます。

酸蝕歯になるとエナメル質が失われて象牙質の部分がむき出しになってしまうため、詰め物や被せ物など、虫歯と同じような治療が必要となってしまいます。


実は役に立っている「歯ぎしり」の働き

当ホームページでは何度か、歯ぎしりについて「歯に良くない癖」として紹介してきましたが、実は、役立っている面もあります。

それは、歯ぎしりには「唾液の分泌を促す」作用があるということです。

睡眠中は体を横にするため、胃酸がお口の中に逆流してきやすくなります。そうすると、お口の中全体が酸性に傾き、不快感を感じるようになります。

酸性を中性に戻すには唾液の分泌を促す必要があるため、口を動かしたり歯ぎしりをしたりして唾液腺を刺激し、唾液の分泌を促進させているのではないかと考えられるようになってきているのです。

つまり、食道内に入り込んできた胃酸を唾液で洗い流すためにも「歯ぎしり」は必要な行為であり、ひいては酸蝕歯を防ぐためにもなっているのです。


歯ぎしりを止めずに歯を守る

上記の通り、歯ぎしりは唾液で食道を洗い流すためにも役立っている行為ですので無理にやめさせるわけにはいきません。

とはいえ、歯ぎしりを続けていると歯や歯茎を傷め、虫歯や歯周病の原因になってしまうほか、顎の関節にも負担をかけることになってしまうために顎関節症や頭痛・肩こりといった症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

では、歯ぎしりの効用を生かしつつ、歯と歯ぐきを守るにはどうすればよいのでしょうか?それには下記の2つの方法が考えられます。


スプリント療法(ナイトガード)

就寝時、マウスピースを装着していただくことで歯ぎしりによるダメージから歯を保護する方法です。

マウスピースを装着している状態で歯ぎしりをしても、直接歯や歯ぐきに負荷がかからなくなるので歯が削れるのを防げますし、顎の関節にかかる力も軽くなるので顎関節症を予防できます。

歯ぎしり対策用のマウスピースには市販されてるものもありますが、使い方によっては、噛み合わせや歯並びを悪化させてしまう危険性もありますので、歯科医院にてご自身の歯にぴったり合ったものを作成してもらう方が良いでしょう。

保険適用の範囲内で作成できるタイプのものもありますので、3割負担の方でしたら5,000円程度で作成することができます。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください




甲府市下飯田の歯医者 降矢歯科クリニック 歯科・矯正:https://www.shika-furuya.com/

電話:055-236-1818
住所:〒400-0064 山梨県甲府市下飯田1-2-14
最寄り駅:中央本線:甲府駅 南口より バス13分
甲府城西高校 停留所 徒歩2分
長松寺町 停留所 徒歩3分


TOP