ホワイトニング

    ホワイトニング

    ホワイトニングは興味があるけど、歯を痛めると聞いたので抵抗がある…
    ホワイトニングで一時的に歯が白くなっても、すぐに戻ってしまうと聞いた…

    ホワイトニングに興味はあるけど、上記のような理由で思いとどまっているという方も多いのではないでしょうか?

    確かに、ホワイトニングの種類によっては歯を痛めてしまったり、すぐに後戻りしてしまうものもありましたが、最近では新しいホワイトニング材が次々の開発され、後戻りもしにくく、かつ歯を痛めるどころか逆に歯質を強化するホワイトニング材も開発されています。

    歯の色で悩んでいる方、興味はあるけど踏み切れなかったという方は、まずは一度、ご相談にいらしてみてください。

     

    当院で行うホワイトニング - オフィスホワイトニング

    ホワイトニング

    オフィスホワイトニングとは、歯科医院にて、歯科医師もしくは歯科衛生士が行うホワイトニングです。
    1回の通院で歯を白くすることができますので、短期間で歯を白くしたいという方にはおススメの方法です。

    従来のオフィスホワイトニングの場合、「しみる」「後戻りする」「歯を痛める」などといったデメリットもありましたが、当院で扱っているハイブリッドポリリンホワイトニングは、「痛くない」「白くなる」「低価格」、さらには歯質を強化し虫歯予防の効果も期待できるというホワイトニング法。

    施術後も特に食事制限などはなく、いつも通りに食事を摂ることができます

    ホワイトニング

    ポリリン酸とは

    ポリリン酸とは、微生物(バクテリア)から哺乳類まであらゆる生物の体内にもともと存在する成分(生体高分子)です。
    ポリリン酸は鎖状の物質で、いろいろな長さのものが存在します。その長さと濃度によってそれぞれ効果が異なります。歯周病治療に用いられることが一般的に知られていますが、育毛・発毛ケアに有効な「長鎖分割ポリリン酸」や、肌の再生力をたすける「中鎖分割ポリリン酸」など、様々な分野であらゆる効果が確認されています。
    歯科の分野においては、歯面の汚れを落とす・汚れがつかないようにする、白さを増す・口腔内を清潔にして口腔環境を整える、という要素を備えた新たなホワイトニング成分としても用いられています。
    これをお部屋の床掃除にたとえれば、掃除機で汚れをとり・雑巾でピカピカに磨き、ワックスで汚れがつかないようにケアし、口腔内を殺菌して衛生状態を更によくする、という作業を一度に行なっていると言えます。
    また、ポリリン酸はもともと食品にも含まれており、その安全性も確認されています。

    世界初の強石灰化を実現する「CAPシステム(歯質強化)」とは

    CAPシステムとは、鶴見大学の見明康夫先生(口腔解剖学講座・客員教授)との共同研究により完成した、世界初の歯質強化方法「エナメルアパタイトコーティングシステム」です。
    エナメル質の96%は「ハイドロキシアパタイト」でできています。ハイドロキシアパタイトが入った歯磨き粉が「歯を再石灰化させる!」などと謳っていますが、歯の表面には「ペリクル」という有機性被膜と細菌や汚れがあるため、このような状態では効果的に歯の石灰化は起こりません。
    そこで、歯の汚れをしっかり除去し、きれいなエナメルアパタイトが露出されたところにハイドロキシアパタイトの元を作用させ、フッ素でコーティングしてあげるシステム「CAPシステム(歯質強化)」が有効となります。
    これにより、今までにない強石灰化層を作ることに成功しました。

    ホワイトニング

     

    当院で行うホワイトニング - ホームホワイトニング

    ホワイトニング

    ホームホワイトニングは、歯科医院にて専用のマウスピースを作成し、夜寝るときに、マウスピースの中に薬剤を入れて装着して行うホワイトニング法です。

    オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使って、じっくりと時間をかけて白くしていく方法のため、オフィスホワイトニングのような即効性はありません。

    ですが、ご自宅で、ご自身のペースでご希望の白さに近づけていくことができるので、通院せずに気軽に始めてみたいという方にはおススメの方法です。

     

    デュアルホワイトニング

    オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。

    オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニング持続性を兼ね備えた方法であるため、最も高いホワイトニング効果を期待できます。

    医院でのホワイトニング施術後はご自宅で定期的にホームホワイトニングを行うことで、白さを維持することができます。

     

    失活歯のホワイトニング(インターナルブリーチ)

    外傷や大きな虫歯等によって神経がなくなった歯(失活歯)が変色した場合に行うホワイトニング法です。
    ウォーキングブリーチが漂白剤を約1〜2週間歯の中に入れておくのに対してインターナルブリーチは医院内にいるときだけ漂白剤を歯の中にいれて白くします。

    医院内で完結する処置ですので薬液が漏れるなどのリスクがなく安全です。
    またウォーキングブリーチは失活歯でなければ漂白できませんが、インターナルブリーチは上下の前歯全体のホワイトニングも同時に行えます。

    このような方におススメです

    • 被せものではなく自分の歯を活かして失活歯を白くしたい方
    • 歯ぐきの黒ずみ(変色歯が原因の場合)を改善したい方(金属の土台が原因の黒ずみには効果が十分でないことがあります。)

    治療の流れ

    • カウンセリング
      ホワイトニングの流れ、費用の説明を行います。
    • 準備
      ホワイトニングを事前準備として歯の裏側の詰め物を取り除き根管治療を行い、根管内にホワイトニングの薬剤を入れる準備をします。
    • 歯面清掃
      ホワイトニングを行う部位の歯面に付着した着色やプラーク、歯石を取り除きます。
    • 術前チェック
      歯の状態と色調をチェックし写真を撮ります。
    • 歯肉保護
      ホワイトニング材を塗布する準備をします。歯肉保護などを行います。
    • ホワイトニング
      ホワイトニングジェルの塗布を行い専用の光を当てます。3回繰り返します。
    • 術後チェック
      歯の色調の変化を確認します。
      施術前の色調を比較するためにお写真を撮ります。
    • 最終充填
      2回のインターナルブリーチ(ブースト)で十分に歯が白くなったら歯の裏側(前歯)や歯のかむ面(奥歯)の穴をプラスティック(レジン)等の詰め物で封鎖して、治療完了です。
    • 費用

      失活歯
      3回コース ¥45000(税抜)
      1回目→ブースト
      2回目→ブースト
      3回目→ハイブリッドポリリンホワイトニング
      ※1回目と2回目の間隔は10日以内です。 ※半年以内のホワイトニングメンテナンスは¥10000(税抜)となります。

      生活歯
      1回のみ  ¥15000(税抜)
      3回コース ¥30000(税抜)
      ※半年以内のホワイトニングメンテナンスは¥10000(税抜)となります。

      注意事項

      治療し詰めたものや被せ物の色調は変化しません。そのため、これらの色調が異なってみえるようになりますので目立つ場合は詰め直しなどの処置が必要となります。
      ホワイトニング処置は個人によりその効果が異なります。希望の白さにするために追加の施術が必要になったり、希望の白さに至らない可能性があります。
      ホワイトニング効果の持続期間は変色の原因及び生活習慣によって異なりますが、3〜6ヶ月を目安にホワイトニングメンテナンスをお受け頂くことにより、白さを保つことができます。
      (当院では6ヶ月以内のホワイトニングメンテナンスは¥11000で行っております。)


TOP