審美歯科

    保険でも、ここまでキレイに

    審美歯科

    「保険診療は安いだけに、いい加減で品質も悪い」

    このように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    たしかに保険診療の内容は「必要最低限の治療」という目的で定められているため、どうしても自費治療に及ばない面が出てきます。でも、歯科医師の工夫次第でその差を小さくすることもできるのです。

    何よりも保険診療は、患者さんの金銭的な負担が少なくて済むという大きなメリットがあります。当院ではたとえ保険治療であっても、可能な限り審美性を追求した治療をご提供させていただいております。

    <保険治療による審美治療例>

     

    精度と見た目に、よりこだわる方へ

    審美歯科

    「歯と歯茎の間が、黒く見えてしまっているのが気になる」
    「色が不自然で、すぐに差し歯とわかってしまうのを治したい」

    患者さまから、このようなご相談をお受けすることがあります。

    特に、前歯の治療をご希望される方にとって、一番気になるのはやはり「見た目」の部分ですよね。

    保険治療でも白い歯を入れることは可能なのですが、使える材料に限りがあるため、形、色合い、周りの歯との調和を含め、天然の歯のような透明感のある仕上がりにすることはなかなか難しいのが現状。そんな中、最近ではセラミックによる治療をご希望される方が増えてきております。

    当院では、より永くより快適な口腔内環境を維持するために、審美性はもちろんのこと、精度にも徹底的にこだわった治療を提供しております。

     

    被せ物の精度を上げる、精密な型取り

    自費治療というと、つめ物やかぶせ物の材料の違いと思われている方も多いのではないでしょうか?

    もちろん材料の違いもあるのですが、当院の場合はより治療の精度を高めるために、自費治療においては型取りの際の工程や使う材料に関しても保険とは別のものを使用します。

    歯肉圧排

    審美歯科

    歯肉圧排とは、歯と歯茎の間に細い糸を挿入し、一時的に歯と歯肉をわずかに離してから型取りを行うテクニックを言います。

    セラミックなどのかぶせ物を作成する場合、歯と被せ物の継ぎ目は歯肉の中に入り込んでいますので、そのまま型どりしても歯肉の中まで型どり材が入って行かず、歯の形が正確に取れないため、ぴったりと合ったかぶせ物を作ることが出来ません。

    そこで歯肉圧排を行い継ぎ目部分をはっきりとさせることで、歯の辺縁部までぴったりと合う型どりを行うことが出来るのです。

    歯肉圧排を行うことで、治療時間は3倍以上、材料費は10倍以上かかるため、保険治療ではこの作業を省くことがほとんどです。材料や時間に制限のない自費治療だからこそ、こだわることができる工程です。

     

    シリコン印象

    審美歯科

    通常の保険治療では、寒天やアルジネートという比較的安価な印象材を使いますが、自費治療の場合、高価ですがより精度の高いシリコンを使って型どりを行います。

    印象材の精度とは、いわゆる「歪み」がどれくらいあるかを数値で表したものですが、その数値で比較すると

    シリコン:0.3% 寒天:1.5% アルジネート:2.8%

    と、圧倒的にシリコンの方が精度が高い事が解るかと思います。

    歪みが少ないという事は、当然、よりぴったりと合うかぶせ物を作ることが出来るという事。たった数パーセントと思われるかもしれませんが、ミクロン単位の細菌を相手にしている歯科治療において精密さはとても重要なポイントなのです。

     

    当院の審美歯科メニュー

    オールセラミック

    審美歯科

    患者さまからのご相談で特に多いのが「前歯の歯と歯茎のつなぎ目の部分に黒い隙間ができてしまったので治したい。」というもの。これは、「ブラックマージン」と呼ばれるもので、加齢などによって歯茎が下がり、かぶせ物の金属が露出してしまった場合などによく見られるものです。

    虫歯や歯周病といった症状ではないものの、それが原因で思いっきり笑うことができなかったりと、精神衛生上、あまり良くはありません。

    そのような場合は、オールセラミックによる治療がおすすめです。

    オールセラミック治療は、金属を一切使用しないため、裏側の黒い金属色が見える事がありません。また、透き通った白さで自然な光を透過しますので、審美的にも非常に優れています。

    もちろん、金属アレルギーの心配もありませんのでアレルギーをお持ちの方にもおススメの治療法です。

     

    ジルコニア

    審美歯科

    ジルコニアとは、最近注目さえている素材で、強度・耐久性に非常に優れた素材です。

    人工ダイヤモンドとしても有名ですが、医療分野では骨の代替素材として人工関節に使用されるなど、生体親和性にもとても優れているのも特徴です。

    色調再現性はやや劣りますが、非常に高い強度を持つ耐久性に優れた材料ですので、通常のセラミックが破折してしまう程強い咬合力を持つ人にも使用可能です。

    「セラミック治療を行ったけれども歯ぎしり、食いしばりは強くてセラミックが割れてしまった・・・」 というご経験がある方には、是非おススメしたい素材です。

     

    メタルボンド

    審美歯科

    セラミックの歯に、強度を高めるために金属の裏打ちを付けたものです。表側は審美性に優れたセラミックを使用しておりますので、透明感のある自然な色合いに仕上げることが可能です。

    また、金属を使用している分、丈夫で割れにくいという利点がありますが、加齢に伴い歯茎が下がってしまった場合などに、ブラックマージンが現れてしまうことがあります。

    金属アレルギーをお持ちの患者さまの場合は適用できない場合がございます。

     

    ハイブリットセラミック

    審美歯科

    セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜて作ります。

    自然歯に近い硬さなので、周りの歯を痛めることがほとんどありません。

    ただし耐久性はあまり高くなく、経年によって変色することがあります。

     

    ゴールド(白金加金)

    審美歯科

    いわゆる「金歯」と呼ばれるものになります。

    見た目が金色ですので審美性には劣ってしまいますが、機能的な面からみると、セラミックなどの材料よりもゴールドの方が優れていると言えます。

    ゴールドの最も大きな特徴として挙げられるのは、「歯との適合が非常に良い」という事。歯にピッタリとはまるので、歯との隙間からむし歯が発生し、2次カリエスとなってしまうリスクを減らすことができるのです。

    審美性という面から前歯には使いにくいですが、奥歯にはおススメの素材です。

     

    ラミネートべニア

    審美歯科

    ラミネートベニアとは、セラミックの薄いチップを歯に貼ることで、歯の形や色を美しく改善する治療法です。

    歯の表面を薄く削るだけですので、歯を削る量が少なくてすみますし、神経をとったりする必要もありません。

    従来、ラミネートべニアはすぐ割れてしまったり、はがれてしまうという欠点もありましたが、最近ではセラミック材料や接着技術の進歩により、そのような問題も解決されてきました。

    ホワイトニングでは思うような白さが得られない場合や、歯と歯の間の隙間が気になる、といった場合におススメの治療法です。

     


TOP