部分矯正

    部分矯正

    前歯のちょっとした傾きを治したい
    軽度の出っ歯を改善したい
    前歯のすきっ歯を治したい

    患者さまからこのようなご相談をお受けすることが多くあります。

    このようなケースでは、一部の歯だけを動かす「部分矯正」で対応が可能な場合もあります。

    部分矯正は全体矯正に比べて期間も費用も少なくて済みますので、歯並びの気になるところだけを短期間で安く治療したいという方にはおススメの治療法です。

    しかし、部分矯正では噛み合わせの機能的な部分を治すことはできませんので、適応症例にはどうしても限りが出てしまいます。

    当院では、機能面を補綴物の調整などといった一般治療で補うことで、適応範囲を広げる工夫もしておりますので、気になる部分がある方は、部分矯正で治療が可能かどうかまずがご相談にいらしていただければと思います。

     

    医学的にではなく、患者さまにとってベストな治療を

    部分矯正

    矯正治療の基本的な考え方は、歯並び(審美面)を治すことではなく、噛み合わせ(機能面)を治すことにあります。

    しかしながら、部分的な矯正治療では噛み合わせ(機能面)をしっかりと治すことが困難であるため、矯正医によっては「部分矯正は行わない」という方針を掲げているクリニックもあります。

    確かに、医学的には部分矯正ではなく全体矯正を行う方がベストではあるのですが、患者さまにはさまざまな事情があり、治療期間や費用などの理由から全体的な矯正が困難である場合も多々あります。

    歯並びが気になって悩んでいるのに、歯列矯正のハードルが高過ぎて受けられないというのは残念なことです。たとえ医学的にベストなゴールまでたどり着けなかったとしても、歯並びがキレイに整うだけで精神的に救われる患者さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

    当院ではカウンセリングの際には部分矯正を行う場合のメリットとデメリットをお話しし、患者さまの症状や状況を考慮しながら、患者さまにとってベストな治療をご選択できるようアドバイスをさせて頂いております。

     

    部分矯正のメリット

    違和感や痛みが少ない
    部分矯正の場合、一部の歯にのみ矯正装置を付けるので、その分、全体矯正に比べて違和感や治療中の痛みは抑えられる傾向にあります。
    また、矯正装置を付けるとどうしても歯磨きがしにくくなってしまいますが、部分矯正の場合、比較的メンテナンスしやすく、口腔内を清潔に保つことが容易になります。

    短期間で治療が終わる
    部分矯正の場合、気になる部分のみの歯を移動させますので、全体の歯を移動させるよりも短期間で治療を終えることができます。
    しかしながら、歯を移動することは噛み合わせも変わってしまうという事。噛み合わせを考えずに部分的に歯を動かしてしまうとお口の中だけではなく、身体全体に様々なトラブルを引き起こしてしまう場合がありますので、部分的な治療により治療後の噛み合わせに問題が生じると判断された場合は、全体的な矯正をおススメしております。

    治療費が安い
    部分矯正の場合、全体矯正よりも費用が安く済みます。
    当院では、簡単なケースでしたら100,000円から対応が可能ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

     

    部分矯正のデメリット

    対応症例に限りがある
    病状が重く、歯を動かす量が多い場合は部分矯正では対応することができません。
    また、部分的に歯を動かすことで、噛み合わせや機能的に問題が生じると判断された場合も部分矯正での治療は難しくなります。

     

    歯並びの改善だけではない。一般歯科との併用で将来を見据えた予後の良い治療を

    部分矯正

    矯正治療は歯並びを改善するためのもの、と認識されていらっしゃる方も多いかと思います。しかし、部分矯正のテクニックが活躍する場面は歯並びの改善だけではありません。

    例えばブリッジやインプラントを入れる時などに歯を入れるスペースを確保したり、歯の傾きを治したり、歯肉に埋もれた歯根を引き上げることで、抜歯が必要と言われた歯を残したりすることも可能になります。

    当院では、一般歯科、矯正歯科の2つの分野の専門医が在籍しているメリットを活かし、専門性と総合力を兼ね備えた治療を実践しています。

    他医院では対応不可能と言われた症例にも対応できる場合がございますので、お口の中のことでお困りの症状がございましたら、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

     


TOP